最新がん治療を知るサイト

最新のがん治療についてと、もう一つの選択肢

最新治療をできるだけ紹介

がんにおける最新の治療は「自己免疫療法」で、これは人間本来の免疫力を利用して悪性腫瘍を排除しようとするもので、放射線治療や抗がん剤、外科手術と違い、がん細胞以外の正常な細胞を傷つけずに、また、それらの治療に付随する過酷な苦痛にも悩まされないと期待されており、まだ研究段階ですが、世界中の医学者たちが日夜懸命に研究を続けています。
また、従来の外科手術も、手術法自体の進化と共有化、麻酔技術の発達、内視鏡技術の進化により、例えば胃がんでも「開腹せずに手術する」ことで、身体へのダメージも大幅に減らせるようになってきています。
最新治療への注目、既存治療への意識、どちらも忘れずに注目していきたいですね。
世間の意識の高まりや支持も、社会を啓発し、治療への保険適用や検診の奨励などにつながるものです。

参考「ホスピス」について

さて、がんの治療・治癒実現に向けて、日夜懸命な研究が続けられてはいますが、それでも日本人の死亡率首位は何十年もがんです。
これは平均寿命の高まりなどもあるため日本人ががんになりやすくなったという訳ではないのですが、それでもがんで苦しむ人が沢山いるという事は示しています。
治療が困難な末期がん患者のために設けられているのが「ホスピス」で、これは無理な延命治療をせず(死期を早めることもせず)、できるだけ痛みを緩和して、心穏やかな余命を過ごして貰うことを目的とした病棟のことです。
とても穏やかな雰囲気が包んでいる場所です。
患者本人の同意が前提ですが、人間はいつか亡くなるものですから、このような最期の生き方もあるのだということを、貴重な機会なので紹介させて頂きます。


この記事をシェアする