最新がん治療を知るサイト

がん治療の最前線を知るサイト

がんとは何か

がんは、医学的な名称を「悪性腫瘍」もしくは「悪性新生物」といいます。
いかにも悪さをしそうな名前ですね。しかし、これらは実は、もともとあなた自身の細胞なのです。
人間の身体は約60兆個の細胞が互いに増殖し合いながら形成されているのですが、これらは無制限に増殖しないように、遺伝子による抑制機能が働いています。
何らかの原因で遺伝子が傷ついて、この機能が働かないと、細胞はひたすら増殖を続け、周囲に悪影響を与えます。
悪性腫瘍は周囲に悪影響を与え、尚且つ身体のあちこちに転移するもののことを言うのです。
また、がんは生活習慣の見直しなどで起こりにくくする事は出来ますが、絶対起こらないという状態にはできません。
また、遺伝子や細胞の異常なので、他人に感染するようなものでもありません。

がんの主な症状など

ここでは、がん、つまり悪性腫瘍の引き起こす悪影響と、その具体的な症状について解説します。
まず、悪性腫瘍は異常に増殖し続ける事で、周囲の細胞の機能を阻害します。
これにより、臓器や体組織の働きを不全に追い込み、さまざまな病気を引き起こします。
また、内分泌という機能にも異常を起こしているので、それによる血液の病気も引き起こします。
更に悪性腫瘍は転移する事で、身体のあちこちに同じ症状を引き起こしていきます。
より具体的に言うと、内臓が正常に機能しない、異常な細胞分裂のせいで栄養が奪われ、生体機能が衰える=深刻な病気になりやすくなる、といったところです。
なお、治療を開始してからの衰えや容貌のやつれ、身体の痛みなどは、抗がん剤治療の影響もあるので、全てががんの引き起こしているものとは限りません。


この記事をシェアする